振り込め詐欺対策

振り込め詐欺対策

振り込め詐欺に合わないために。 よくある事例とその対策について、まとめました。

まとめ通販 > 振り込め詐欺対策

振り込め詐欺 対策

平成24年の統計によると、振り込め詐欺の手口が多様化し、 被害金額が大幅に増加しました。
詐欺にだまされないようにするためには、あらかじめその手口を知っておくことが大事です。
不審と思われる電話の例とその対策法についてまとめました。

・「携帯の番号が変わった」「携帯をなくした」という電話をかけてくる
⇒すぐに「前の番号」に電話して、使われなくなっているかを確認すること。
・「会社の金に手を出してしまった」「不倫相手を妊娠させてしまった」ので「すぐにお金を用意しなければならない」と電話してきた
⇒じっくり考える時間を与えないように、慌てさせる手段。一人で考えず、周りの誰かに必ず話してみること。
・「これから会議があるので折り返しの電話はするな」と言ってくる
⇒本人に確認の電話をさせないようにしている。会社や奥さんの携帯に電話して確認すること。
・金融機関の人間に嘘の事情を話すように指示してきた
⇒金融機関のマニュアルを破るための指示。窓口の人に相談してみると良い。
・本人しか知らないような話をしてくる
⇒犯人はあらかじめ本人についての情報を調べている。簡単に信じないこと。絶対に本人しか知らないことを聞いてみること。例えば「同級生のOO君は元気にしてるの?(OOは嘘の情報でかまをかける)」
・後輩、同僚、バイク便などでお金を取りにいかせると言ってきた
⇒最近の手口で、ATMで振り込ませず直接受け取る方法が増えている。郵便局の「エクスパック」で郵送させるケースも増加。
・声が本人に似ている
⇒電話の声だけで本人かどうかを判断するのは危険だと知ること。
・役所を名乗って、医療費や年金などのお金を払い戻すと電話してきた
⇒基本的に役所がこういった電話をかけてくることはない。必ず封書やハガキで通知が来ることを知ること。

 

振り込め詐欺対策 トップへ戻る

Copyright 2016 © まとめ通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 楽チン通販
track feed 楽チン通販